冬に合宿免許に行く人は、教習所を降雪地帯にすればウィンタースポーツを余暇に楽しむことができます。スキーやスノボは、雪の降らない地帯に住む人にとってはなかなか疎遠になりがちなレジャーです。それが、ちょっと外に出ただけで楽しめるのは、合宿免許中ならではの特典でしょう。積雪シーズンの合宿免許は、雪の降る中を教習中の身でドライブしなければなりませんから通常より大変です。

しかし、雪の降らない地域の人が降雪時のドライブを体験しておくと、いざというときに役立ちます。たとえば、東京で大雪が降ると、必ずといっていいほど交通機関が麻痺したり渋滞が発生したりするものです。あわててタイヤにチェーンをつけたり、チェーンをつけずにスリップしたりと、降雪地帯の人からしたら滑稽に見えるほどのパニックに陥る人が多いのです。合宿免許で降雪時のドライビングを学んでおけば、いざというときの備えは万全です。雪国出身なの?と聞かれるほどの運転技能を発揮できるかもしれません。

合宿免許中には、予想以上に余暇を得られます。スキーやスノボもできる合宿免許は、交通費を浮かせることもできて一石二鳥です。運転免許を取得できるだけでなく、スキーやスノボの腕前まで上達する可能性が大いにあるでしょう。