合宿免許は、ドライビングスクールに通所するよりも短期間で免許を取得できるのが持ち味です。そのため、通所よりも息つく間もないスケジューリングなのではないかとイメージされがちです。ところが実際には、合宿免許に出掛けた先で観光やレジャーを楽しむ人が大勢います。2週間ほどの合宿期間に、夜間以外の余暇はあるのでしょうか。

合宿免許のモデルプランをのぞいてみると、意外にも半日以上、教習がない日が1週間分ほどもあります。もちろん学科教習の予習や復習をしなければならない時間もあるでしょうが、それは夜間にまわして昼間は思い切って観光やレジャーを楽しんだほうが効率がいいという考え方もあるのです。

実は、学科教習や技能教習の合間を縫って遊ばなくても、合宿免許では合間に1日休校日が設けられているケースが多いのです。その日は、丸1日観光デー。わざわざ遠方から合宿免許に来ている人も多いことから、地元の観光を楽しんでもらおうという合宿免許教習所の思いもあるのかもしれません。合宿中の半分も遊んでしまうとお金もかかりますが、1日だけ遊ぶことにしておけば予算オーバーなんて心配もないでしょう。その日は教習を忘れて、思い切り遊ぶ日にしてみてはいかがでしょうか。